親族や親戚に借金の取り立てが来ることはあるの?

借金を返せなくなった時に気になる事の一つに、自分の親族や親戚にまで取り立てが行って迷惑をかけてしまうのではないか、という事があります。
実際に、自分の借金を親族や親戚のところに取り立てに来る事はあるのでしょうか。

 

借金は本人だけのもの

貸金業法によって、本人以外への借金の取り立てを行うことは禁止されています。
ですから、あなたの借金の取り立てをあなたの親族や親戚に行うことは違法なのです。
まともな業者ならそのような事はしません。
しかし、闇金や小さな業者の場合、相手に法律知識がないだろうと推測して、精神的なプレッシャーをかけるために親族や親戚のところに取り立てに行く事はあります。
そのような時は、違法であることを業者に告げて警察に相談するといいでしょう。
こちらに法律知識がある事を知れば、それ以上取り立てをして来ることはまずないでしょう。
また、生計を同一にしている配偶者でさえも、借金の返済義務はありません。
妻に内緒で夫が借金を作った時なども、妻には返済義務はない事を覚えておきましょう。

 

保証人になっていれば別

前項の説明は、全く借金に関係のない親族や親戚の例で考えましたが、保証人になっている場合は話は違ってきます。
ただの保証人であれば、あなたのところに取り立てに行くように突っぱねることも可能ですが、連帯保証人になっている場合はその人が借りたのと同じ扱いになるので、あなたへの取り立てを行わずに連帯保証人のところに取り立てに行っても文句は言えないのです。
借金が返せなくなった時は、保証人には迷惑をかけてしまいます。

 

勝手に保証人にした場合

必ず返すのだから、と勝手に配偶者や親族などを保証人に立てておいて、その借金が返せなくなった、などというケースもあります。
その場合は、その人は自分が知らないうちに保証人にされていた事を業者に主張することが出来ます。
ですが、その人が少しでも借金を支払ってしまったら、その人は保証人であることを認めた事になりますから、その後も保証人としての義務を果たさなくてはならなくなります。